<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

満点

0

    化学屋七期生から資格試験の合格報告をもらった。

     

    危険物取扱者甲種を取得して、会社に入る準備が少しできたと教えてくれた。

     

    さらに凄いのは、成績開示の結果化学が正解率100%だったこと。全体でも9割を超えていた。

     

    自粛期間中に化学屋のノートを引っ張り出して勉強していたらしい。

     

    資格試験の中には高校化学相当の内容が出題されるものもある。

     

    そんな形でも役に立てるのは本当にうれしいことだ。

     

    合格おめでとう。僕も毒物劇物取扱者試験を頑張るよ。

    化学屋こんどう * その他 * 07:31 * comments(0) * - * - -

    検定合格

    0

      大型二輪の卒業検定に合格した。

       

      普通自動二輪の免許を持っていたので、たった12回の講習(内1回はシュミレータ)で検定。

       

      コースは3種類で当日に発表になる。

       

      スラロームやクランク、S字、1本橋などを個別に練習してから後はコースをひたすら走っていた。

       

      体でコースを覚えるためだ。

       

      そして、本番。教習所に向かうときの天気は雨。

       

      今までずっと晴れで練習していたから濡れた路面の常用が分からない。

       

      さらにはカッパを着ての走行もほとんど経験が無い。

       

      スリップしたらどうしようかと不安になった。

       

      試験の解説を受けている間に雨が上がったので杞憂に終わったけど、緊張はしていた。

       

      そのせいか、試験中にコースを忘れて一瞬で頭が真っ白になった。

       

      試験後に教官から「緊張しているのが丸分かりでしたよ」と言われたくらい。

       

      緊張しても、頭が真っ白になっても、コースを走りきれたのは体で覚えるまで練習したからだ。

       

      合格するコツは、しっかり覚えてから練習を繰り返す。地味だけど実は最短で力がつくと思う。

       

      次は大型特殊。50人待ちなので7月過ぎてからスタートになるだろうね。

      化学屋こんどう * その他 * 07:59 * comments(0) * - * - -

      卒塾生のお店

      0

        化学屋3期生から連絡があって、昨日彼女のお店に行ってきた。

         

        今治商店街に英会話教室を出していた。個人事業主だ。

         

        修論のために実際に店を経営しているとのこと。凄いね。

         

        さらに言うと、彼女は工学部出身。大学院で経営系へ大転換している。

         

        苦労話や現状の不安もたくさん聞かせてもらった。

         

        商店街って言葉には2つの意味があって、組織としての商店街と地域としての商店街は違うらしい。

         

        今治商店街は後者で、どちらかというと個人志向が強いとのこと。

         

        僕も化学屋でのことを出来るだけたくさん伝えた。

         

        ただ、僕が化学屋で避けていた選択肢を彼女は積極的に選んでいたので参考になったかは謎。

         

        もちろん、卒塾生はずっと塾生だから困ったことがあれば全力で協力するつもりだ。

         

        ベルギー人と英会話したかったら、今治商店街の「ぷらっとほーむ」へどうぞ。

        化学屋こんどう * その他 * 20:32 * comments(0) * - * - -

        有言実行

        0

          卒塾生からバイクの卒検に合格したと連絡があった。

           

          おめでとう!

           

          しかも明日納車らしい。

           

          彼は教習所に通う前にバイクを買った。

           

          だから、合格して当たり前、バイクに乗るのが当たり前のマインドになっていたのだろう。

           

          3月に塾で話してくれたことをしっかりと実現しているのはカッコいいね。

           

          僕も大型二輪の教習中だ。来週には卒検を受けられるだろう。

           

          7月からは大型特殊の教習もある。

           

          卒塾生に負けないように頑張りたい。

          化学屋こんどう * その他 * 19:27 * comments(0) * - * - -

          初めの100問

          0

            3年生に向けて正誤問題を毎日配信している。

             

            昨日がちょうど100問目だった。

             

            100日前は3月で100日後は9月の終わりだ。

             

            そこからさらに100日過ぎたらいよいよ大学入試共通テスト。

             

            つまり、約3分の1が終了したというわけ。

             

            残り3分の2の期間で自分の行きたい大学へ合格する力をつけて欲しい。

             

            LINEとメール合計の20人のうち9〜12人が返信してくれている。

             

            特に誤りの選択肢には、新試験で重視されている考察力も鍛えるチャンスが含まれている。

             

            解説を見て納得するだけではもったいないから、理由も考える習慣をつけよう。

            化学屋こんどう * その他 * 16:16 * comments(0) * - * - -

            ギリギリできるレベルだと失敗するかもって話

            0

              大型自動二輪の免許を取りに教習所へ通っている。

               

              教習2時間目は3つあるコースのうち1つを徹底的に練習。

               

              順番は覚えていたけど片側二車線のどちらを走るのか失念してしまった。

               

              紙の上で道順をなぞるのと実際に走るのとでは大きく違う。

               

              さらに3時間目には初めての人の先導を任された。

               

              一週目は問題なく先導できたけど、二週目に道を間違えた。

               

              先導しているプレッシャーに負けたわけだ。

               

              道を間違えたことで軽くパニクッて一本橋で落ちた。

              (試験ならこれで不合格)

               

              ギリギリできるってレベルだとちょっとしたイレギュラーで失敗する。

               

              大学入試共通テストや模試でも部屋の温度やその日の体調で実力出し切れないことだってある。

               

              だから目標点を越えて当たり前のところまで練習しておきたいね。

               

              僕も12日までに第2コースを先導できるレベルまで予習しておくよ。

              化学屋こんどう * その他 * 15:55 * comments(0) * - * - -

              免許

              0

                昨日、教習所に行って大型特殊と大型自動二輪の申し込みを済ませてきた。

                 

                大型特殊はトラクターの公道走行に必要で、大型自動二輪は趣味。

                 

                大特は100人待ちで授業は7月からになった。結構授業があるんだね。

                 

                授業で度々伝えてきたように、復習が大事。

                 

                教習所で習ったことはすぐに復習するつもりだ。

                 

                実物は無理だから、大二輪の代わりに今持っている125ccのバイクで、大特の代わりは家にある小型のトラクターで練習あるのみ。

                 

                毒物劇物取扱者試験の願書も出したし、今年は資格をドンドン増やしていこう。

                化学屋こんどう * その他 * 12:36 * comments(0) * - * - -

                成功する人

                0

                  先日のことだけど、卒塾生からバイクの写真が送られてきた。

                   

                  免許を取る前にバイクを購入したそうだ。

                   

                  これは「免許を取ることが確定」したマインドになっている。

                   

                  バイクに乗っている自分を確信しているので、モチベーションを高く維持できる。

                   

                  さらに凄いのは教習所に通う大学の友だちも一緒にバイクを買ったとのこと。

                   

                  類友の法則で頑張る人の周りには頑張る人が集まってくるんだろうね。

                   

                  過去に何度も塾生に伝えたのは、できるだけ偏差値の高い大学を目指すこと。

                   

                  自分の最大の努力で合格できた大学には、同じくらい頑張った友だちがたくさんいる。

                   

                  大学で出会う友だちで人生が変わることだってあるから、重要なことだ。

                   

                  彼は成功するマインドと一緒に頑張る友だちを手に入れている。

                   

                  きっと成功するだろう。

                  化学屋こんどう * その他 * 18:19 * comments(0) * - * - -

                  理科の先生

                  0

                    昨日、別々の3年生から同じ質問が来た。

                     

                    脂肪族の反応経路について、酢酸を縮合(脱水)したときの模範解答にある生成物が合っているのかどうか。

                     

                    僕は無水酢酸だと思ったけど模範解答には別のものが書かれていた。

                     

                    学校の先生に無水酢酸ではないかと聞いてみて欲しいと頼んであるから結果待ちの状態だ。

                     

                    公立高校の理科の先生は、専門科目と指導科目が違うこともある。

                     

                    大学で生物学を専攻していたけど、高校で化学を教えている先生もいるし、逆もある。

                     

                    さらに、今までずっと物理を教えていた先生が転任先で化学を教えることになってもおかしくは無い。

                     

                    これは教員採用が理科で一括りになっているからだ。

                     

                    だから、学校の先生にだって間違いはある。慣れない科目ならなおさらだ。

                    (僕も間違いを伝えたことが何回もあった。)

                     

                    大事なのは間違いに気がついたらすぐに訂正すること。

                     

                    そして生徒の方が間違いを見つけたら先生にちゃんと伝えること。

                     

                    こういうことがあると記憶に残りやすいから、ある意味ラッキーなことだと思って受験勉強を続けよう。

                     

                    大事なことは、おかしいなと思ったら別の先生に聞くことだ。

                     

                    化学なら僕に質問して欲しい。こっちも腕がさびないようにしたいから。

                    化学屋こんどう * その他 * 11:54 * comments(0) * - * - -

                    想像しにくい数値

                    0

                      異なる学校の3年生から溶解度積がらみの質問が続いた。

                       

                      溶解度積は値がものすごく小さく、感覚で解くことは難しい。

                       

                      今まで数値センスや計算の才能で問題を解いていたらつまずくポイントになる。

                       

                      幸いなことに出題パターンは多くないので出会った問題をきっちり習得していけば大丈夫だ。

                       

                      溶解度積の問題はセンター試験の出題が変わった最初の試験(2015年度)でも出題された。

                       

                      6年経っているということもあるし、次の試験も共通テスト最初の試験ってこともあるから警戒しておきたいね。

                       

                      想像しにくい数値が出る単元こそ、練習量が結果に出やすい。

                       

                      分からないことは学校の先生や塾の先生に質問しよう。

                       

                      もちろん、僕でもOKだ。

                      化学屋こんどう * その他 * 13:37 * comments(0) * - * - -
                      このページの先頭へ