<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

続けるコツ6

0

    筋肉体操も3週間を過ぎた頃から飽きてくる。

     

    成長速度も鈍るし習慣化もまだなので、始めるときに「よっこいしょ!」と気合いを入れてスタートするようになる。

     

    成長の実感が大きいときにや、習慣化してやるのが当たり前になると、この「よっこいしょ!」が小さくて済む。

     

    ただ、ここを乗り切れば習慣化は目の前なので、何が何でも続けたい。

     

    だから生徒に話した。

     

    続けることのコツと、今僕が続けていること(筋肉体操)の話を。

     

    生徒に話すことで、引くに引けない状況に自分を追い込む。

     

    筋トレは誰からも強制されていないから、いつ止めても誰からも文句は言われない。

     

    そこで強制力(生徒にかっこ悪いところを見せられない)をかける。

     

    これで習慣化までの間をもたせることに成功した。

     

    今晩で筋トレを始めてから41日目。

     

    時間になったら自然と筋トレの準備を始めるくらいになった。

     

    ここまできたら病気や怪我で物理的に体を動かせなくならない限り大丈夫だ。

     

     

     

     

    あ、そうそう、自分が頑張っていることを伝えるとき、相手を選ぶ必要がある。

     

    所謂、ドリームキラー相手には絶対に話してはいけない。

     

    冷や水をぶっ掛けられたら続くものも続かなくなるからね。

    化学屋こんどう * 続けるコツ * 21:00 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    続けるコツ5

    0

      その4の話で大事なことは、毎日続けるってこと。

       

      筋肉の回復には休憩を入れることが大事だと良く聞く。

       

      もっとも効率的に筋肉をつけるなら、そうした方が良いのかもしれない。

       

      ただ、「効率が活きるのは、きちんと続けたとき」だ。

       

      どんなに高効率でも続かなければ総量は少ないままだ。

       

      なら、多少効率は落ちても続くやり方の方が総量が多くなる。

       

      僕にとって筋トレは苦しい。

       

      やる日とやらない日があると、やる日に精神力を大量に消費する。

       

      週に2〜3回を目安にって書いてあるから2回だって良いよね?と妥協したくなる。

       

      なら、成長を感じてモチベーションが維持しやすい時期にはずっと続けるほうが良いだろう。

       

       

       

      勉強も同じだ。

       

      どんなに効率の良い方法やワープ法を教わっても、勉強したりしなかったりだと点は上がらない。

       

      習得するまで復習を続けよう。

       

      あ、腕立ては10回までできるようになった。残りはまだ膝つきだけど。

      化学屋こんどう * 続けるコツ * 20:52 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      続けるコツ4

      0

        話を筋肉体操に戻す。

         

        3日目はスクワット、その前にYouTubeを見ながら腕立てと腹筋を終わらせておく。

         

        4日目は背筋、その前に…以下略

         

        番組では「週2〜3回を目安に」と書かれていたけど、毎日4種目を続けた。

         

        しばらくは筋肉痛で、授業中ペンを持った腕を上げたときもちょっと痛かった。

         

        その分、筋肉に負荷をかけて成長させているからだと実感が持てるのがうれしかった。

         

        筋肉痛が取れてからは、腕立ての回数が増えることに喜びを見出せるようになった。

        (このときはまだ肘は90度、膝つきだけど)

         

        2週間過ぎたくらいから、胸を床につけて持ち上げられるようになった。(膝つき)

         

        ここまでは成長を感じられているから、続けることに関しての精神的負担はない。

         

        ただ怖いのは、この後に続く停滞期。

         

        筋トレやダイエットが途切れる一番の障壁だ。

         

        ここを乗り切ることこそ、続けるコツで一番重要だ。

         

        そして僕に停滞期が来たのは3週間を過ぎた辺りだった。

        化学屋こんどう * 続けるコツ * 21:55 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        続けるコツ3

        0

          その2の話で大事なこと。

           

          1つ、腹のそこから同意すること。

           

          自分で決めたことなら同意はできるだろう。

           

          他人に決められていること(テストの日程や時間割など)でも、自分でやると決めたら同意したことになる。

           

          やらされているのではなく、自分でやっている。

           

          レールの上かどうかは関係がない。レールの上でも自分で歩くと決めて歩いているならOKだ。

           

           

           

          2つ、不完全でも続けること。

           

          完全な状態はゴールだから、一度で達成できなくても諦めない。

           

          一位を逃したら、今回の順位を覚えておいて次回はその順位を上げる。

           

          目標点に届かなかったら、次回は今回よりも1点でも近づける。

           

          目標達成に近づく目印や気付きがあると続けやすい。

           

          失敗ではなく、合格の途中だ。

           

          僕の場合は腕立てや腹筋の回数がそれに当たる。

           

          昨日は8回できたよ。

          化学屋こんどう * 続けるコツ * 21:53 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          続けるコツ2

          0

            8月の終わりに、NHKでみんなで筋肉体操という番組があった。

             

            番宣かネットニュースかで見かけて、興味本位で見てみた。

             

            午後11時50分からだから塾が終わって家に帰って見られるのが良かったのかも。

             

            で、1日目は腕立て伏せ。

             

            2秒かけて胸を床につけて1秒で持ち上げる。

             

            苦しかったら膝をついても構いませんと言っていた。

             

             

             

            1回もできなかった。膝をついても。

             

            まったく持ち上がらなくて、無理無理ムリムリm…アヒャヒャヒャと笑ってしまった。

             

            肘の角度を90度で妥協して、何とか最後までやりきった。(膝つきで)

             

            んで、1ヶ月続けてみようとふと思い立った。

             

             

             

            長くなるから結果から。

             

            今日で37日目。まだ続けている。

             

            腕立ては7回できるようになった。笑

            化学屋こんどう * 続けるコツ * 22:34 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            続けるコツ

            0

              「続ける」ことはスキルだから習得できる。

               

              いつも三日坊主だからとか、飽きっぽい性格だからとかは、そんなに関係はない。

               

              そもそも学校の授業で「続けるコツ」を習うことはない。

               

              皆勤賞なんかも結果だけで評価されるしね。

               

              ただただ続けることを要求されるだけだ。

               

              だからこそ、スキルを伸ばした人とそうでない人で差がつく。

               

              高校生の段階で続けるスキルが高い人はそれほど多くない。

               

              僕だってこのスキルに気がついたのは社会人になってからだ。

               

              スキルを習得した今、振り返ってみるといくつかのコツが見つかったから、書いていこうと思う。

               

              続く。

              化学屋こんどう * 続けるコツ * 21:56 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
              このページの先頭へ