<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今日の授業 | main | 最後の追い込み >>

立体と平面

0

    三次元のものを二次元に落とし込もうとすると何かしらの不都合が生じる。

     

    補助線を入れると結合なのか補助線なのか見辛くなる。

     

    奥行きを遠近法で書くと手間がかかる。

     

    奥行きを消して十文字型で書くと結合角が不正確になる。

     

    こういうのは資料集のモデル図に頼るしかない。

     

    板書の同じ立方体を見ても、飛び出して見える人と引っ込んで見える人が出てくる。

     

    こういう見え方、捉え方を上手に乗り越える方法を見つけたい。

    化学屋こんどう * その他 * 21:50 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 21:50 * - * - * - -

      コメント

      コメントする









      トラックバック

      このページの先頭へ